埼玉県西川口の盗撮伝説

盗撮は全国で行われているが、その中でも特に頻繁に盗撮が行われている地域がある事をご存じだろうか?ある一定の地域が盗撮の聖地とされているのである。その盗撮の聖地を紹介してみたいと思う。

埼玉県の西川口

以前は裏風俗が有名だった西川口だが、現在ではすっかり寂れてしまっている。マツタケヒロシは健在だが、今では本番はない普通のホテヘルになり下がっている。一斉摘発により壊滅状態になってしまっているのである。

そんな西川口でブームになっているのが盗撮。町を挙げて盗撮を行っているのだからあきれて物も言えなくなってしまう…

具体的には西川口駅を中心に盗撮が頻繁に行われている。駅を利用している女性も盗撮されている事を認識しているらしい。わざと挑発する様なミニスカートを着用している女性が多いのはそのためだろう。

実際に西川口駅に行くと階段の下にカメラを構えている盗撮好きがたくさんいるので驚いてしまうだろう。携帯電話のカメラではなくて一眼レフを用意している人までいるから余計にビビってしまう。かなりの気合の入り具合なのである。

こんな感じで埼玉県の西川口では盗撮が日常的に行われている。この様な状態を許しているし川口市は何を考えているのだろうか…

29

盗撮ミーティング

盗撮好きだけが集まる盗撮好きのための会がある事はご存じだろうか?

盗撮と言う反社会的な行為を共通の趣味として集まっている非常に危ない集団である。こんな物が今の日本に許されても良いのか不思議ではあるが、実際に存在しているのだから仕方がない。今回はこの盗撮友の会について解説してみたいと思う。

月に一回の盗撮ミーティング

彼らは月に一回集合して盗撮ミーティングなるものを開催しているらしい。盗撮好きが集まっているのだから、話の内容は盗撮の事に尽きるだろう。どうやったら上手に盗撮出来るのかを入念に話し合っている事だろう。盗撮の事を熱く語り合っている事だろう…

参加者は様々である。盗撮だけを生きがいにしているキチガイもいるし、医者もいる、学校の先生もいる。社会的な地位を得ている人でも盗撮が大好きである事をうかがわせるメンバーである。盗撮は性癖なので仕方がない。性癖はそう簡単に治せるものでない事は性犯罪の再犯率の高さで理解してもらえるだろう。

みんなで盗撮大会

彼らは全員が集まった時に限って盗撮大会を行っている。主に東京、埼玉、神奈川などの首都圏で開催しているらしい。誰が一番素晴らしい盗撮を行えるかを競っている様だ。かなり恥ずかしい行為である事は間違いないが、それでも盗撮好きの人間からしたら溜まらないイベントなのだろう。現在では参加者が100人は超えると言われいるから恐ろしい…盗撮とはここまで身近な存在になっているのである。

30

ラブホでの盗撮に気を付けろ

みんなラブホってかなり気軽に使っているんじゃないかな?セックスするならラブホ!ってこだわりを持っている人も多いんじゃないかって思う。綺麗だし、思いっきり声を出してセックス出来るからね!これほど素晴らしい施設はなかなか存在していないんじゃないかって思う。それは認める。

でも盗撮の事を全く考えていない人が多すぎるんじゃないかって思うんだよね。ラブホって必ずと言って良いほどに盗撮カメラが仕込まれているからね!これは素人じゃあ絶対に見抜く事は出来ないくらいに精巧に設置されているんだよ。下手すると建設する時点で仕込まれている事もあるから、こうなるともう絶対に無理。

ラブホでする事なんて決まっているからね、他人のセックスを覗くのは想像以上に興奮するものなんだよ!

だからラブホに行く時は本当に注意してもらいたいな。

米山新潟県知事が管理人 と同じ出会い系 を使っていたとは… 続きはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする