本屋での盗撮

本屋でよく立ち読みをする女性は盗撮をされる可能性が高いので気をつけたほうがいい。本屋 じゃなくてもスーパーやコンビニでも立ち見ができるような場所なら一緒である。ブックオフなどの古本屋でもいっしょだな。とにかく夢中になって読んでるときには警戒心が全くなくなっているので盗撮を されやすい。よく盗撮するやつは本屋さんに行ってそのような女性を探していることもあるので気をつけてほしい。特に狭い本屋などで盗撮されることに全く気づかないなんてこともあるから。狭いから密着することが別に違和感なく感じてしまいその間にスマートフォンや小型のビデオカメラなどで盗撮されてしまうのだ。あまり店の中が広くない本屋では夢中になって本や漫画を 読まない方がいいだろう。もしどうしても読みたいのならスカートはいていくのではなくズボンをはいていくようにしたほうがいいと思う。そうすれば盗撮される心配もないので本を読むことに集中できる。エスカレータに乗る時なども盗撮される絶好のチャンスなのでバックなどを持ち歩いてそれでスカートを隠すようにしたほうがいいだろう。注意することなく無防備な状態でいるといつ自分の恥ずかしい姿が雑誌やネットなどに掲載されてしまうかわからないので気をつけたほうがいいと思う。

27

盗撮は女の敵!

盗撮は女性の敵です。プライベートで見せたくない事を撮られてしまうのですから絶対に嫌でしょう。どうやっても回避したいものなんじゃないかって思います。それに心の傷が残ります。ネットで流出してしまった場合は本当に大変です。回収する事は不可能だと言っても良いでしょう。
普段から気をつける事で盗撮被害に会う事を未然に防ぐ事が出来ます。

スカートを履かない

盗撮犯が狙うのは圧倒的にスカートの中です。男性なら分かると思いますが、女性のスカートの中は覗きたくて覗きたくて仕方がないんです!どんなパンツを履いているのか気になって仕方がないんです!スカートを履いている女性が盗撮をされてしまうのは仕方のない事なのです。どうしてもスカートをはきたいのであれば長めのものを着用すべきでしょう。

駅を利用しない

駅の階段やエスカレーターは盗撮のメッカです。さまざまな盗撮犯がスタンバイしていると言っても過言ではないでしょう。駅を利用すると言う事は盗撮してください!とアピールしてるのと同じ事なのです。乱暴な言い方だと思うかも知れないですが、これは事実です。盗撮被害に会いたくないのであれば駅は利用しないで車でタクシーで移動する様にしましょう。

女である事を捨てる

盗撮する人は相手が誰でも良い訳ではありません。出来るだけ綺麗でかわいい女性を盗撮したいと思っているものです。一生懸命オシャレをしたい気持ちは分かりますが、それでは盗撮してください!と言っているようなものです。分かりますか?貴方が女性として魅力的であればある程盗撮されてしまう可能性が高くなってしまうのです。本気で盗撮されたくない!と思っているのであれば女である事は今すぐ捨ててください。

28

西川口に住む盗撮マン

いったい誰が一番最初に盗撮を始めたのだろうか?何事も始まりはあるはずである。盗撮だってそうだろう。誰かが方法を確立させたからこそ、ここまで盛んになってしまっているのではないかと思う。

西川口に住む盗撮マン

前回の更新で埼玉の西川口は盗撮が盛んだ!と言う事をお伝えしたがそれには立派な理由がある。何も自然発生的に盗撮が盛んになった訳ではないのだ!

実は西川口には全国に盗撮を広めた人間が存在している。名前は「撮田 遣男」まさに盗撮をするために生まれて来た様な名前だ。彼は今から30年前から盗撮を開始してさまざまな雑誌に投稿していたのである。男性なら一度は見たことがあるだろう、投稿系のエロ本を見れば彼の写真は絶対に掲載されていたと言われる、全国の盗撮好きが崇拝する伝説の存在なのである。

今ある盗撮の手法は全て彼が編み出したと言っても過言ではない。靴に小型カメラを仕込んで盗撮をしたのも彼が一番最初である。誰にもバレないで簡単に盗撮する方法を発案してしまったのである。世間的には非常に迷惑な存在ではあるが、盗撮ファンにとっても神的な存在であるのだ。

彼がいるからこそ、日本の男性諸君は盗撮物の動画や画像を楽しむ事が出来ている事を忘れないでいて欲しい。それくらい重要な存在なのだ・・・!!

米山新潟県知事が管理人 と同じ出会い系 を使っていたとは… 続きはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする