栃木宇都宮の乱交パーティー

今回は栃木県の宇都宮で行われる乱交パーティーについて取材した内容を紹介してみたいと思う。

東京からほど近い地域で開催される乱交パーティーとはどのようなものなのか?主催者にインタビューした内容をもとに皆さんがもっとも知りたい内容をまとめてみたいと思う。

栃木で乱交が行われる場所

まずは栃木のどこで乱交が行われるのかまとめてみたいと思う。

宇都宮のラブホテル

一番多いのは宇都宮のラブホテルのようだ。以前はマンションの一室で行われることが多かったようだが、女子会の流行などで多人数利用オッケーのラブホテルが増加していることが影響している様である。自宅マンションで開催する場合は近隣への騒音問題や後片付けの問題もあるのでラブホテルで開催した方が合理的なのだろう。

佐野市のラブホテル

宇都宮の次いで多いのが佐野市内のラブホテルである。宇都宮に比べると人工的にも少ない町だが、東京都内と違って車社会であることを考えると集客の影響はそこまでないようだ。むしろ「地元で乱交パーティーに参加するのは影響がある…」っと言った宇都宮の男女が参加することも多いようである。

栃木の乱交の参加者

乱交に参加した事がない人はどのような人物が参加しているのか気になるのではないだろうか?現在進行形で宇都宮で乱交を開催している男性から乱交参加者の特徴を紹介してみたいと思う。

男性

30代男性が多いそうだ。年代的には色んな遊びを経験して来てノーマルなセックスに飽きている傾向があり、より刺激を求めて乱交に参加するというケースが多いようである。その次に多いのが20代前半の男性でなんと童貞!童貞でありながら乱交セックスに参加するなんてのは普通の感覚では理解出来ないことかも知れないが、実際に多いとのこと。現実社会では20代で童貞と言うと敬遠されるように思うが、様々な男女が集う乱交パーティーの中ではかなり人気があるらしく、筆おろし大会が始まることもある様である。

女性

栃木の乱交に参加する女性で特に多いのが看護師だそうだ。ちょっと意外に思うかも知れないが、看護婦と言うとストレスがたまり性欲が強いと言う一般論から考えると当然のことなのかも知れない。乱交に参加する看護師の多くが献身的な姿勢である場合が多く、男性がお願いするとアナルファックでもなんでさせてくれると言うことで非常に人気があるらしい。

女性の参加者が少ない場合はデリバリーヘルスなどの風俗店にお願いして派遣してもらうこともあるそうだ。ただし、その場合は費用が発生してしまうので男性側から負担してもらうこともあるそうだ。女性が集まらないことには乱交を開催することも出来ないので仕方のないことなのかも知れない。

乱交への参加資格

栃木県内で乱交パーティーを開催している主催者数名に話を聞くことが出来たが、ほとんどが参加資格を設けているとのこと。誰でも彼でも乱交に参加できるわけではないことを覚えておいた方がようだろう。

男性の参加資格

18歳以上の健康な男性。実際に乱交に参加する前に主催者の前で勃起するかどうかを確認するところが多いようである。これはいざ本番の前に勃起しない人が多く他の参加者をしらけさせてしまう可能性があるからである。雰囲気を大切にする乱交サークルでは特に重要視されることである。心配な人はバイアグラを使用するなどして人前でも確実に勃起出来るようにしておくべきだろう。

女性の参加条件

女性の参加条件も18歳以上であることが必須条件となっている。もしも女子高生が紛れ込んでいたら大変な問題になってしまうので、身分証明書の提示で厳格な事前審査を行っているところがほとんどある。容姿に関してはそこまで高いレベルを要求しているわけではないが、あまりに酷い場合は参加をお断りすることもある様である。男性から参加費用を頂いている場合は特に注意しているとのこと。

 

以上が栃木で行われている乱交パーティーの実態である。北関東と呼ばれる地でこうして乱交が行われているのは不思議なことではあるが、今日もどこかで乱交が行われているのは紛れもない事実なのである。

逆援助交際の実態についてはこちら

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る