盗撮にする効果的な対策

盗撮されてしまったらすぐにでも抵抗するようにしないと絶対にダメ。あとでいいタイミングになったら見ようと思ってたなんて考えているといつまでたってもいい風にはならないだろう。そういう人に限ってよく痴漢をされたり盗撮されたりするのだ。すぐに反射的に抵抗できるようにしておかないとダメ。自分が痴漢をされたり盗撮されたりするのは嫌なのであればしっかりと怒ったり叫んだりすることが必要。エスカレーターなどを利用してる時にもし自分の後ろにに警察官がいて盗撮行為をしてきたことに気づいたらあなたどうするだろうか。警察官にされていようが会社員にされているいようが盗撮されているという事実はいっしょ。だからすぐに抵抗して欲しい。大声でこの人に盗撮されましたと叫んでほしい。そして回りの人間に助けを求めれば絶対に助けてくれる。ただやってはいけないのはあまりにも過敏になってしまい盗撮していない人にも盗撮容疑をかけてしまうこと。それはかなり迷惑な行為になってしまうから。確実に自分に対して盗撮行為を行ったと確認できた場合にだけやってほしい。そのようなことをするのも面倒なのであればスカートなどはかないようにしたほうがいい。そうすれば盗撮される確率もぐんと下がるだろう。

23

女子高生を盗撮する警察官

警察官の中にもどうしようもないバカな人間もいるものだ。女子高生のスカートの中を盗撮しようとする警察官もいる。警察官だと言っても人間だから女性は油断しないでほしい。どんな状況であってもたとえそれが警察官であって も盗撮された時は絶対に抵抗して欲しい。スマートフォンや小型のビデオカメラなどでだれでも簡単に盗撮できることからついついちょっとした気持ちで実行してしまう人が多いのだ。そんな馬鹿な人間だからことに泣き寝入りしてはいけない。ちょっとした勇気が必要だが必ず戦って欲しい。何も一人ぼっちで戦う必要はないのだ。近くにいる人に助けを求めて欲しい。恥ずかしがらずに大きな声で叫んでほしい。そのような状況を見て助けてくれない人など絶対にいないから。大きな声で助けを求めたら誰しも助けてくれる。でも人がいないような状況でそのようなことをしても意味がないので人通りの無いところは歩かないように注意して欲しい。そしてなるべくなら防犯カメラなどが設置されているところ歩くようにして欲しい。そのようなところを歩いていればもし何かトラブルに巻き込まれたときに防犯カメラなどが証拠を記録してくれてる場合があるからだ。自分が不利にならない状況に身を置くように意識して生活するようにして欲しい。

24

盗撮大好き中学教師

中学校の教師が教え子のスカートの中にカメラを忍ばして盗撮するなどということは最悪の行為だと思う。このような行為をして100枚以上の写真を職場で使っているパソコンに保存しているというところが無神経でバカな人間だと思わざるを得ない。こんな馬鹿な教師に尊敬の念を抱く生徒など全くいないだろう。人生ではやってはいけない失敗もあるのだ。痴漢とか盗撮などをして警察に捕まってしまうのは絶対に経験したくない失敗だ。どんな失敗でも学べることがあるというか痴漢や盗撮などをして捕まってしまったら評判が悪くなるし誰からも信頼されなくなるだろう。だから盗撮や痴漢など絶対にしないほうがいいのだ。自分は絶対に見つからないなんて思ってる奴が逮捕されてしまうのである。デジタルビデオカメラなども性能がどんどん良くなっているのでバレずに盗撮できるだろうなんて思わないでほしい。悪いことがいずれバレてしまのである。人生を台無しにしたくないのであればちょっとした気持ちで盗撮などしないことだ。ああいうものはレンタルビデオの中の世界で留めておくようにすること。実際に自分で盗撮するなどということはやらないでほしい。人生を台無しにしたくないのであれば我慢することも学んで欲しい。

米山新潟県知事が管理人 と同じ出会い系 を使っていたとは… 続きはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする